振袖の袋帯の結び方は?

着物の帯には、いろいろな結び方がありますが、ここでは振袖の袋帯の基本的な結び方を紹介しています。

覚えておいて損はありませんので、これから成人式などで振袖を着る機会がある方は、是非参考にしてください。

袋帯の結び方は3分類に分かれます

振袖用の「袋帯」は、表地と裏地を縫い合わせてつくられており、幅は31.2cm、長さは430~450cmとボリュームがあるタイプの帯となっていますが、以前は一般的に使用されていた丸帯よりも、軽くてしなやかにつくられているため締めやすいのが特徴です。

可愛く華やかな振袖の帯の結び方には、最近ではアレンジ性の高い凝ったものもたくさんありますが、基本的な袋帯の結び方は、「文庫結び」「立て矢結び」「お太鼓系結び」の3つに分けられます。

文庫結び

文庫結び
画像引用元:どの結び方がスキ?振袖の可愛い帯の結び方10選~解説付き♪ | furimoマガジン
https://furimo.m-sj.net/magazine/36

文庫結びとは、上の写真のように、帯の結び目がリボンに見えるのが特徴で、あらゆる種類の着物にもマッチし、清楚な雰囲気を出すことができます。

誰でも何度か練習すれば、自分でも結ぶことができます。

結び方は、手先を60cm程度とって腰に2回巻き、端が見えないように紐で押さえて、たれた部分の先を肩に乗せ、羽根を60cmほどの大きさでとって、たれの元をしっかりと開いて背に当てます。

結び目の上に枕をあて、枕の紐を前方で結って、羽根の前の部分を枕の位置まで折りたたんでください。

次に、手先を下にして帯締めを掛けて、前できちんと結びます。

羽根を下し、その下から手を入れて、形を調整して帯揚げを前方でまとめると、文庫結びの完成です。

文庫結び
画像引用元:どの結び方がスキ?振袖の可愛い帯の結び方10選~解説付き♪ | furimoマガジン
https://furimo.m-sj.net/magazine/36

基本的な振袖の帯結びは3つに分類されますが、その中でもいろいろなアレンジを利かせることができます。

上の写真は、文庫結びをアレンジしたもので、帯の結び目から端を少しだけ出し、コンパクトにまとめています。

アレンジすることで見た目も良くなりだけでなく、電車などで移動する際にも、帯の型崩れを防ぐことができます。

立て矢結び

立て矢結び
画像引用元:どの結び方がスキ?振袖の可愛い帯の結び方10選~解説付き♪ | furimoマガジン
https://furimo.m-sj.net/magazine/36

江戸時代、大奥の女中が締めていたとされているのが立て矢結びです。

下の写真のように、その形が「立て矢」を背負っているように見えるのがその名の由来と言われていて、文庫結びより、生地を大きめにとっているのと、振袖を凛々しく格好良く着こなしたい場合に向いている帯結びです。

立て矢結びの結び方は、手先の長さを決め腰に2度巻付けた後に、手に帯を一結びして巻きたたんでください。

次に羽根をつくり、山ひだを帯幅の真ん中につくった後に、手を羽根に1度巻き、手先を中に入れましょう。

羽根を整えて、背に帯を回し、前板を入れ蝶結びします。

帯の左右から大きく羽根を出し、立て矢のようにして斜めに結んだら完成です。

立て矢結び
画像引用元:どの結び方がスキ?振袖の可愛い帯の結び方10選~解説付き♪ | furimoマガジン
https://furimo.m-sj.net/magazine/36

上の写真では、柔らかし素材の帯を使用しており、立て矢の結び目が小さくなっています。

赤色の着物に、黒の帯を合わせて、格好良く凛々しい着こなしとなっています。

お太鼓系結び

お太鼓系結び
画像引用元:どの結び方がスキ?振袖の可愛い帯の結び方10選~解説付き♪ | furimoマガジン
https://furimo.m-sj.net/magazine/36

文庫結びや立て矢結びに比べると、お太鼓結びは最近生まれた新しい帯結びです。

下記の写真からも分かるように、見た目が太鼓橋のように見えることからその名が付けられたとされています。

お太鼓結びには、2つの種類があって、その一つである一重太鼓は、帯結びの中でも最もシンプルな方法として知られていて、帯の形をそのまま生かしており、もう一つの二重太鼓結びは、正攻法で結ぶ場合は30分以上は余裕でかかってしまいますが、あらかじめ二重太鼓をつくって用意しておくことにより、わずか数分で結びことが可能となります。

二重太鼓結びの準備の仕方は。まず縦に二つ折りした帯の下側を三角に折って、残った部分を右に折り、手先部分まで半分に折ります。

次に、折った部分をダブルクリップを用いて、留めた部分の中心から右側に、紐の長さの半分を取り、クリップをつまみ上げてその上に帯枕を上げます。

そうすると、その部分が二重太鼓になるので、次に帯枕の上にお太鼓部分を乗せて、お太鼓の間に通します。

帯締めをたれでくるむ、大きめの洗濯バサミを使用してすべてを下から挟むと、つくり帯の完成です。

お太鼓系結び
画像引用元:どの結び方がスキ?振袖の可愛い帯の結び方10選~解説付き♪ | furimoマガジン
https://furimo.m-sj.net/magazine/36

上の写真は、太鼓結びにアレンジを加えたものです。

羽根の部分を下に挟まないで、ひだをつくって右半分をリボンのように折り、右側の上部に

挟むことにより、華やかな印象に仕上げることができます。

基本的な振袖の帯の結び方は3種類

振袖用の帯には、フォーマル用の「袋帯」が使用され、最近ではアレンジに富んだ凝った結び方を好む新成人も増えています。

基本的な帯結びの方法は、3つに分類されていて、それは「文庫結び」「立て矢結び」「お太鼓系結び」です。

Category

関連記事

よく見られている振袖レンタルブランド

  • カテゴリー
  • B!ブックマーク Twitter Facebook LINE

    あなたの近くの振袖店を
    探してね!