ママ&娘のための振袖ずかん » レンタル振袖のおすすめブランド・口コミ・価格 » 水色の振袖コーディネート - おすすめのレンタル振袖ブランド

水色の振袖コーディネート – おすすめのレンタル振袖ブランド

成人式の振袖選びは、一生の想い出だからこそ悩むもの。しかもカラーもデザインもたくさんありますから、自分にはどの色が似合うのか、どういった雰囲気にしたいのかと迷ってしまいますよね。

そこで今回は「水色」の振袖を検討している方のために、おすすめブランドと共に魅力的な作品をまとめてみました。涼やかなブルーは、冬の空の下で清廉な空気を放ってくれそうですね。

一蔵

一蔵は、1991年創業の振袖レンタル、および販売店。母体はオンディーヌをはじめ他にも多数の着物ブランドやジュエリーショップを運営する株式会社一蔵で、東証一部上場企業としても知られています。

振袖の特徴としては、上品な古典柄からハイセンスな現代デザインまで幅広く取り扱っているところ。オリジナル作品も多く、レトロな中にもトレンドを押さえたオシャレな振袖を選ぶことができます。

また、振袖選びのプロが似合うものをしっかりアドバイスしてくれるのも魅力。購入者に対するアフターサービスも充実しており、長くお付き合いできそうなブランドと言えるでしょう。

E-984

一蔵_振袖_水色
引用元:一蔵公式サイト https://furisode-ichikura.jp/furisode/e-984/

価格

一蔵でおすすめの水色の振袖は、レトロモダンを強調したこちらのデザイン。ターコイズのような鮮やかな水色の上に菱柄をメインとした大ぶりの装飾がダイナミックに施され、非常に個性的な雰囲気を醸し出しています。一見現代的な印象も受けますが、元々は昭和初期の振袖をテーマに作られたものということで、懐かしさや上品さも感じられるのが特徴です。

ふりそでMODE

1984年に創業した「ふりそでMODE」は、全国に50店舗を展開する(2020年現在)大手着物店のひとつ。バリエーションに富んだ作品たちが魅力で、古典柄からレトロモダンまで幅広く揃っています。

また、購入からレンタルまでプランが豊富なのも特徴。レンタルなら8万円弱、購入でも20万円弱からと良心的な価格なので、予算的に難しいと考えている方も一度足を運んでみてはいかがでしょうか?

購入した場合はアフターサービスも充実。クリーニングから訪問着へのお取り替えなど手厚くサポートが受けられますし、店員さんの接客も気さくで接しやすいと評判です。

B336

ふりそでMODE_振袖_水色
引用元:ふりそでMODE公式サイト https://www.weddingbox.co.jp/color/30459/

価格

ふりそでMODEで紹介されている水色の振袖の中で、特におすすめなのはこちらのデザイン。水面を模したように淡いブルーの上をたくさんの鶴が悠々と羽ばたき、さり気なくグリーンがアクセントとして添えられています。シンプルに着てもエレガントな印象になりそうですが、画像を参考にクラシカルな小物で整えるのも非常にオシャレですね。

鈴乃屋

1947年創業の老舗呉服店、鈴乃屋。全国的に幅広く店舗を展開しており、着物の販売のみならず着付け教室も運営しています。

着物の品質が高いことで知られる鈴乃屋ですが、長年のノウハウを活かした手厚いサービスも評判。前撮りやご家族の着付け、京洗い、花嫁衣裳の貸し出しなどがセットになった「ご家族安心パック」をはじめ、様々なサポートが受けられるのが魅力です。

振袖のラインナップに関しては、伝統的な柄物が豊富な印象。古典柄をはじめ、古式ゆかしい趣が感じられる作品をお求めの方におすすめと言えるでしょう。

No.510

鈴乃屋_振袖_水色
引用元:鈴乃屋公式サイト https://www.suzunoya.com/furisode/product/f_510.html

価格

鈴乃屋でおすすめの水色の振袖は、2020年の新作モデル。流水をイメージしたというパステル調の淡いブルーにオレンジやピンクなどの花々が浮かび上がり、爽やかながら可愛らしい風情です。画像のように華やかな金の帯を合わせれば、より一層ゴージャスな雰囲気になりますね。可憐な中に明るさも感じさせる、成人式にぴったりのデザインと言えるでしょう。

キモノハーツ

キモノハーツは、福岡市で2000年に創業した着物店。着物レンタルや販売の他にフォトスタジオも運営しているため、写真技術には定評があります。

特徴としては、振袖だけでなく小物や帯なども含め、コンセプトに合わせてコーディネートした「コーデレーベル」から選べる点。自分がなりたいイメージごとに振袖を探せるので、きっとお気に入りが見つかるはずです。

また、コーディネートを主体としているからこそ斬新なスタイルが楽しめるのも魅力。従来の着物イメージに捉われない新しい発想を求めている方にぴったりのブランドと言えるでしょう。

SA-I124

キモノハーツ_振袖_水色
引用元:キモノハーツ公式サイト https://portal.kimono-hearts.co.jp/coordelabel/archives/369

価格

キモノハーツでおすすめの水色カラーを基調としたコーディネートはこちら。爽やかな水色にキュートなピンクを合わせた、まるでスイーツのように甘い振袖です。ポップな帯も個性的で、古典柄のクラシカルさと現代的な斬新さを併せ持ったデザインと言えるのではないでしょうか。かわいい、をとことん追求したい方は、ぜひ一度着てみてくださいね。

オンディーヌ

株式会社一蔵が運営する着物ブランドのひとつ、オンディーヌ。母体がしっかりしているのはもちろん、レンタルは最低50,000円からと非常に良心的な価格で振袖を選ぶことが可能です。

手持ちの(例えばお母さまから譲り受けた)振袖を使い、ヘアメイクと撮影だけお願いするプランも用意されており、様々な要望に対応してくれる呉服店と言えるでしょう。

また、レンタルの場合着付けは髪飾りとフェイスタオルを持参すればOK。プロのスタイリングとコーディネートによって、きっと一生の想い出ができることでしょう。サイズも2号(150センチ前後向け)から5-2号(175センチ前後向け)まで幅広く揃っています。

バラライン

オンディーヌ_振袖_水色
引用元:オンディーヌ公式サイト https://www.ondine.jp/furisode/se-043/

価格

オンディーヌでおすすめの水色の振袖は、清涼感のある淡いブルーにモダンな薔薇のデザインが大きく入れられた斬新なデザインが特徴。現代的な雰囲気がありつつも、どこか懐かしいレトロな美しさが感じられます。画像のように落ち着いた色の帯を合わせれば、大人感も演出できそう。オンディーヌオリジナルデザインというのも魅力です。

きものやまと

1917年生まれの老舗着物専門店、きものやまと。店舗は全国的に展開されているため足を運びやすいですし、大手ということもあり購入からアフターサービスまで手厚いサポートが受けられます。

着物でエキサイティングな世の中を作りたい、というビジョンから生み出される振袖たちは、古典柄を活かした優雅なものはもちろん、現代的でポップな柄のものも豊富。担当コンサルタントが最もしっくり来る作品をアドバイスしてくれるのも魅力です。

2019年に新社長が就任したのをきっかけに、更なる飛躍を目指しブランドを一新したきものやまと。どのような作品が誕生してゆくのか、今後の変化も楽しみですね。

振袖 No : w_05

きものやまと_振袖_水色
引用元:きものやまと公式サイト https://www.kimono-yamato-furisode.com/lineup/green-blue/019.html

価格

きものやまとでおすすめの水色の振袖は、白に近い儚げなブルーの地色に、大輪の牡丹を咲かせたこちらの作品。青や水色の牡丹の中にひときわ際立つクリーム色の花が印象的で、エレガントな雰囲気を醸し出しています。帯の繊細な色合いもマッチして、可憐な女性に似合いそうですね。振袖としては珍しいカラーのため、逆に目立てる可能性も。

おすすめ振袖ブランド3選
  • 正統派♥

    一蔵
    一蔵
    引用元:一蔵 https://furisode-ichikura.jp/furisode/e-920-2/

    公式HPへ♥

  • 個性派♥

    ふりそでMODE
    ふりそでMODE
    引用元:ふりそでMODE https://www.weddingbox.co.jp/color/30459/

    公式HPへ♥

  • 堅実派♥

    銀座和叶
    銀座和叶
    引用元:銀座和叶 https://www.ginzawakano.com/recommend

    公式HPへ♥

Category

関連記事

よく見られている振袖レンタルブランド

  • カテゴリー
  • B!ブックマーク Twitter Facebook LINE

    あなたの近くの振袖店を
    探してね!