ママ&娘のための振袖ずかん » 何から始める?成人式振袖のイロハ » 振袖姿の時にトイレへ行きたくなった場合の対処法

振袖姿の時にトイレへ行きたくなった場合の対処法

振袖や着物を着ている時であっても、正しい手順を知っておけばトイレへ行ったり、トイレでさっと着付け直しを行ったりすることができます。このページでは、振袖姿や着物姿でトイレへ行く時の手順や注意点、あると便利なグッズについてまとめました。

振袖でトイレに行く方法

振袖を着ている時にトイレへ行った際の手順について知っておきましょう。なお、ここでは洋式トイレを想定しています。

襟元に大きめのハンカチを巻いておく

最初に襟元へハンカチを巻いて、顔のファンデーションが襟元に付くことを防ぎましょう。

袖をまとめる

長い袖を垂らしたまま便座に腰を下ろすと、袖が汚れてしまうだけでなく、腕を動かす時にも邪魔になります。そのため、例えば下記のような方法で袖をまとめます。

裾を分ける

袖をまとめると、次は軽くかがんだ状態で、裾を左右に分けて開きます。

振袖姿や着物姿は重ね着によって構成されるため、上から順に1枚ずつめくりながら左右に裾を分けていき、両手にそれぞれの裾をまとめて持っておきましょう。

めくった着物を挟む

両手に持った裾を腰の辺りまで勢いよくまくり上げます。

重要なポイントは、スカートを持ち上げるように裾をたぐり寄せるのでなく、裾がそっくりそのまま筒状に裏返しになるよう意識することです。

そして、裏返した着物の裾がずり落ちてこないよう、両脇にしっかりと挟んで固定します。

この時、下着はややローライズなものをはいておくと、パンツの縁が見えて脱ぎやすくなります。

腰掛ける

両脇にきちんと裾を挟んだまま、下着を下ろした状態で便座に腰掛けます。

この時、あまり深く腰掛けると便座のふたで帯が潰れてしまうため、浅く便座へ腰掛けることを意識してください。また、背筋を伸ばしてやや前に傾けておいても良いでしょう。

終わったら洗浄

用を足せば綺麗に処理をします。この時、両脇に挟んだ裾が落ちないように注意して下さい。

袖を戻す

水ハネが起きないよう、立ち上がって便座のふたを閉めてから水を流します。そして便器から充分な距離を取ってから裾を下ろします。裾を下ろす際は重ねが元通りになるよう気をつけて下さい。

手を洗う

手を洗い終わってから袖をほどきます。ただし、この時も袖に水がつかないように気をつけることが大切です。また、長襦袢が内側で丸まらないように気をつけます。

鏡で着崩れていないかチェック

トイレから出る前に、着物の着崩れをチェックします。特に裾の後ろや帯、おはしょりなどについて状態を確認しておきましょう。

知っておきたい便利グッズ

ローライズパンツ(下着)

ウエストの上部まであるパンツをはいていると、裾をまくり上げてもパンツを脱ぎにくくなってしまいます。

クリップ

着物の袖を結ぶのはシワになりそうだと不安な人は、帯留め用のクリップを使うと良いでしょう。

なお、クリップは着物用のものがなければ、大きめの書類用クリップでも問題ありません。ただし、クリップの力が強すぎる場合や金属製の場合、着物の生地を傷めないように注意します。

大判ハンカチ

充分に首へ巻けるサイズのハンカチやバンダナも持っておくと便利です。

トイレで着崩れも直しましょう

襟元をチェック

鏡で襟元の崩れを見て、崩れていれば整えます。

帯のズレをチェック

帯が潰れていたりズレていたりしないか、鏡できちんと確認しましょう。

裾のたるみをチェック

裾が長すぎないか、お尻の部分がたるんでいないか、後ろがめくれ上がっていないかなど、確かめることも必要です。

生理でも着物って着れる?

生理の時でもしっかり準備をしておけば、振袖を着たままトイレへ行けます。

生理になりそうな時は、ローライズ生理用ショーツや夜用のロングナプキンなどでしっかりと備えておきましょう。また、多めの人はショーツの上からスパッツやガードルを重ねてナプキンを固定しておくこともコツの1つです。

【まとめ】余裕を持って落ち着いて手順を守ろう!

振袖や着物を着ていても、正しい手順を守ればトイレへ行くことも生理中でも問題ありません。ただし、変に急いでしまっては着崩れてしまったり、着物を汚してしまったりする恐れもあります。

成人式の会場や着付け会場ではトイレが混み合うことも少なくありません。そのため、トイレはがまんしてから慌てて行くよりも、落ち着いて用を足せるよう余裕を持って行くようにしましょう。

Category

関連記事

よく見られている振袖レンタルブランド

  • カテゴリー
  • B!ブックマーク Twitter Facebook LINE

    あなたの近くの振袖店を
    探してね!