ママ&娘のための振袖ずかん » 何から始める?成人式振袖のイロハ » 振袖の着付けに必要なものとは?

振袖の着付けに必要なものとは?

はじめての着物に触れ合う方でも、できるだけ分かりやすいように、それぞれの用途も含めて分かりやすく解説しています。

絶対に必要なモノから、あると便利なモノまで紹介しているので、是非参考にしてください。

振袖の着付けに必要なものは?

振袖の着付けには、着物を知らない人が思っている以上に必要なものがたくさんあります。

うっかり忘れてしまっても、着付けにさほど影響がないモノもその中には含まれていますが、ないと着付けができなくなってしまったり、見た目や着心地も悪くなってしまうモノもありますので、必要最低限のモノは、しっかり揃えておかなければいけません。

着物類

振袖とは、未婚の女性が身に付ける中では、最も格式高い着物で、袖が長いのが特徴です。

成人式や結婚式で使用されるものは中振袖ですが、その他にも大振袖と小振袖があります。

大振袖は、婚礼のお色直しの定番として使用されていて、小振袖はその名の通りに袖が短く、動きやすさが特徴です。

小振袖は、主に卒業式で使用されます。

前板後板

振袖の着付けには、着物の他にも帯が必需品で、帯にも多くの種類がありますが、前板とは、帯を締めた際に、しわが寄らなくするために使用する道具で、前側の帯の下に入れて、美しいシルエットをつくってくれます。

後板は、その名の通りに帯の後ろに入れて帯の形を整えるための道具で、必需品ではありませんが、振袖の場合は帯結びを飾り結びにする場合が多いことから、後板を使用することで、より美しく見せることができます。

腰紐

振袖の型崩れを防ぐために、腰回りに巻く布製の紐のことです。

振袖の着付けでは、着物用、長襦袢用、仮紐として、最低でも3~4本は必要となります。

伊達締め

腰紐だけでは型崩れを起こす可能性が高いため、長襦袢と着物をさらに締めるために使用する道具です。

着物の余った部分を、折り上げる際にも使用します。

コーリンベルト

絶対に必要ではありませんが、長襦袢を整えるために、腰に巻く腰帯や衿を正すのに使用するのがコーリンベルトで、振袖をより美しく見せることができます。

下着類

振袖を着用する際には、普段身に付けている下着ではなく、皆様ご存知の足袋の他にも、着物専用の下着を用意する必要があります。

振袖の着付けに最低限必要な下着は、肌襦袢とタオルですが、今ではその他にも、着物専用の下着類がいろいろラインナップされています。

肌襦袢

肌襦袢は洋服で例えるならキャミソールのようなモノで、汗を吸い取る役目をしてくれます。

裾よけ

下半身につける和装用の下着で、近頃では肌襦袢と一体型の商品も販売されています。

汗取り襦袢

寒い時期に行われる成人式では不要かもしれませんが、暑い時期や暖房が効いた室内で長時間過ごす際には、これを身に付けておくことで、汗染みを防ぐことができます。

タオルやパット

体型を補正するために使用するため、人によって使用する枚数は異なります。

腰紐が体に食い込むのを防止する役割もしてくれて、着付けの仕上がり具合を良く見せるための必需品でもあります。

体にコンプレックスがある方は、パットも事前に用意しておけば、着付けの際に上手に使用してもらうことができます。

和装ブラ

着物は、胸の大きな女性だとどうしてもバランスが悪くなってしまう傾向があるため、和装ブラを用いることで、見た目をより綺麗にすることができます。

和装小物類

ここでは、成人式で振袖を着用する場合に必要な、和装小物を紹介します。

小物を上手に利用することで、素敵な振袖をより華やかに演出することができます。

草履

着物を着る際に履く靴のことで、日本の伝統的な履物です。

はじめて履く方は、普段利用しているサンダルなどとは履き心地に違和感がありますので、ご自分にピッタリ合ったサイズを選択しましょう。

バッグ

和装のバックには様々な種類があって、生地にも帯地やエナメルなど多くのものが用意されています。

振袖の柄などにもマッチするモノを選択することが、バック選びのコツとなります。

ショール

成人式は寒い時期に行われますので、防寒用具であるショールは必需品です。

成人式では、白色のふんわりしたショールが定番となっていて、かわいらしさを演出することができます。

髪飾り

絶対に必要ではありませんが、髪型によって派手目の花飾りやかんざしなどが、振袖の華やかさをより引き立ててくれます。

ヘアスタイルと振袖に合わせて、ご自分の好みもの髪飾りを選択しましょう。

振袖の着付けに必要なものは数え切れないほど存在します

ご紹介した着物や下着や小物の他にも、振袖を身に付ける際の着付けに利用するモノだけでも、数え切れない種類があって、その分着付けにはかなりの時間を要することになります。

もちろん、装飾品も併せると、全てが必要であるということではありませんが、着物や帯や足袋や草履など、目に見えるものの他にも、振袖の着付けに必要不可欠なものもたくさんありますので、当日足りないものがないように、事前にチェックリストなどを作成しておくことをおすすめします。

Category

関連記事

よく見られている振袖レンタルブランド

  • カテゴリー
  • B!ブックマーク Twitter Facebook LINE

    あなたの近くの振袖店を
    探してね!