ママ&娘のための振袖ずかん » 何から始める?成人式振袖のイロハ » パーソナルカラーに合わせた振袖の色の選び方

パーソナルカラーに合わせた振袖の色の選び方

自分の色パターンと相性の良い色(パーソナルカラー)を理解すれば、自分に合った振袖の色も選びやすくなります。

パーソナルカラー診断で似合う振袖の色を知る

パーソナルカラーとは?

パーソナルカラーとは、肌や瞳、唇の色といったそれぞれの人が持っている「色」のパターンに対して、相性の良い色のことを指します。

好きな色とパーソナルカラーは違う?

自分が好きで選んでいる服の色が、実はあまり似合っていないというケースは珍しくありません。これは、自分の好みとパーソナルカラーが異なっているからです。

好みの色は主観的なものですが、パーソナルカラーは客観的に自分の体質へ似合う色といえます。そのため、パーソナルカラーは自分の本当の魅力をさらに引き出す色ともいえるでしょう。

パーソナルカラーには4つのタイプがある

一般的に、パーソナルカラーは「春夏秋冬」の4つの種類に分かれます。

パーソナルカラーの診断方法

本当に正確にパーソナルカラーを調べようとすると、専用の布や紙を使って自然と調和する色を探すことが必要になります。

そこで、以下ではあくまでも簡易的なパーソナルカラーの確認方法や、それに合った振袖の色を紹介しますので参考にして下さい。

パーソナルカラーのタイプに合わせた振袖の色の選び方

スプリングタイプ(春)

特徴

スプリングタイプの人は、例えば瞳が明るくきらきらした茶色、地毛は黄みがかったやや明るめのブラウン、すっぴん時に黒を着ると肌が浮く、というようなタイプの人です。

似合う色

スプリングタイプは、イエローベースの肌色を持ち、明るく透明感のある色や鮮やかな色が合うとされています。また、パステル系の色も自然に着こなすことができます。

一方、ダーク系の色を合わせると、雰囲気が暗くなってしまうので注意が必要です。

サマータイプ(夏)

特徴

暗めのブラウンや黒の瞳、地毛が柔らかい黒、すっぴん時に黒を着ると顔色が悪く見える、というタイプの人はサマータイプとされています。

似合う色

ブルーベースの肌色を持つサマータイプは、クールですっきりとした色が似合うことが特徴です。

青みがかったパステル色を合わせれば肌の透明感が増し、またピンクや紫とも相性が良いとされています。ただし、極端な淡色や黄みがかった鮮やかな色を使うと、肌がくすんで見えるかも知れません。

オータムタイプ(秋)

特徴

緑がかった黒やダークブラウンの瞳、艶やかな黒髪、ペイズリー柄など特徴的で個性的な柄が似合う人はオータムタイプとされています。

似合う色

オータムタイプの人は、黄みがかった色と相性の良いイエローベースの人で、さらに濃い色や深みのある色が似合うタイプです。黄色やオレンジ、落ち着いたグリーン系などは種類も多くておすすめです。

一方、強めのブルーや色鮮やかな印象の服を着ると、顔の肌をくすんだ感じに見せてしまいます。

ウィンタータイプ(冬)

特徴

青みがかった暗めのブラウンや黒の瞳、ダークブラウンの地毛、すっぴんでも黒い服やシルバー系のアクセサリーが似合うような人は、ウィンタータイプかも知れません。

似合う色

ブルーベースでビビッドなカラーとも相性の良い肌を持つウィンタータイプの人は、可愛い系の色や柄よりも、クールでシャープな印象を持つとされています。

4タイプの中で最も黒が似合う人であり、黒系の振袖を着てもバランス良く着こなせて、周囲に差をつけることができます。ただし、強いイエロー系の色や曖昧な雰囲気の色は不向きです。

【まとめ】パーソナルカラーで個人の魅力を引き出せる

肌色や瞳の色、髪色といった個人の持つ色パターンに対して、視覚的に相性の良いとされる色のタイプが「パーソナルカラー」です。

パーソナルカラーは個人の好みに関係なく、客観的に本人の魅力を引き出してくれるため、自分のパーソナルカラーのタイプを知って、それに似合う色の振袖を選べば、より美しく振袖を着こなすことができます。

Category

関連記事

よく見られている振袖レンタルブランド

  • カテゴリー
  • B!ブックマーク Twitter Facebook LINE

    あなたの近くの振袖店を
    探してね!