ママ&娘のための振袖ずかん » 何から始める?成人式振袖のイロハ » 振袖レンタル&購入の支払いについて

振袖レンタル&購入の支払いについて

レンタルであれ購入であれ、成人式の振袖は高額な買い物となります。のちのちのトラブルに発展しないよう、支払いのタイミングや支払い方法、請求内容の内訳などについて、グレーな部分を一切残さない形で契約手続きをするようにしましょう。ここでは、振袖レンタル・購入における料金の支払いについて詳しく解説します。

お金を支払うタイミングは?

契約したタイミングで支払う

振袖のレンタルや購入の契約をした時点で料金を支払うことになります。契約した時期が成人式から1年前、2年前だったとしても、成人式のときではなく契約したときに料金を支払うことになります。

「まだまだ成人式は先なのに、今のタイミングで払うの?」など、色々な疑問が頭に浮かんでくるかもしれませんが、原則として支払いは契約したタイミングであることを覚えておきましょう。

一般に、どんな買い物でも支払いが先で、商品の引渡しが後になります。商品の引渡しが先になるのは、飲食店くらいではないでしょうか?

1年後、2年後の成人式のために支払いを済ませることは、決して違和感のあることではありません。

支払方法には何がある?

小規模な呉服店などの場合、現金払いのみというお店もあるようですが、一般的には、お客さんの希望に合わせた様々な支払い方法が用意されています。振袖レンタル店で用意されている主な支払い方法について詳しく見てみましょう。

現金払い

文字通り、店頭にて現金一括で支払う方法です。購入の場合はもちろんのこと、レンタルの場合でも料金は高額となるため、支払いの際にはややドキドキすることでしょう。キャッシュレス化が進んでいる現在、銀行で何十万円もの大金をおろすという行為自体、数年に一度かもしれませんね。

あまりにも金額が大きくなる場合、店頭で一部金として5万円ほど支払ったのち残金を銀行振込で支払う、という方法もよく行われています。

クレジットカード払い

国を挙げてキャッシュレス還元を推進している昨今、クレジットカード払いを選択する方も多いことでしょう。

ショッピングの限度枠内であれば、利用者が金額を自由に設定して利用できる点が、クレジットカードの良いところ。分割払いやリボ払いにも対応している点、また、クレジットカードポイントが付与される点なども、クレジットカード払いのメリットと言えるでしょう。

ただし、キャンセルする際にやや手続きが煩雑になることや、キャンセルしてもいったん引落がかかってしまうことがある点などは、カード払いのデメリットと言えるでしょう。

ローン

振袖店が紹介するローン会社、または、自分で探したローン会社(銀行含む)でローンを組み、月々の手数料を添えて少しずつ支払っていく仕組みです。振袖店自体がローンに似た分割払いに応じていることもあります。

一度に高額な料金を支払う必要がない点で、利用者にとっては助かるシステムであることは確かです。手数料の全額を加算したときに、どれだけ割高になるのかを確認し、許容範囲であるかどうかを判断してから契約をしましょう。

先延ばしシステム

先延ばしシステムとは、振袖店の「一蔵」が採用している独自の支払い方法です。

通常、支払いのタイミングは振袖の契約時点となりますが、「一蔵」では成人式が行われる年まで支払いを先延ばしにすることが可能。成人式の年の1月、および8月の2回に分けて手数料無料で料金を支払うのが、「一蔵」の先延ばしシステムです。

振袖の契約時点では、お子様の進学などが重なって出費が多い時期。先延ばしシステムを利用すれば、親御さんの資金繰りもだいぶ楽になるのではないでしょうか?

総額だけではなく内訳も確認しておく

振袖を購入・レンタルする際には、契約書によく目を通し、費用の総額だけではなく内訳もきちんと確認するようにしましょう。事前の説明通りのサービスがすべて含まれているか、1つ1つ、もれなくチェックしてください。

たとえば、前撮りと成人式の両方で振袖をレンタルする場合、主に確認したい点は次の5点です。

前撮りのレンタル代

振袖だけではなく、小物のレンタル代も含まれているかどうかを確認してください。お店によっては、小物を無料サービス内で提供している場合があります。

前撮りの撮影代

撮影代に加え、写真のサービス(六切り1枚など)がある場合には、それも含まれているかどうかを確認しましょう。

前撮りの着付け・ヘアメイク・メイク代

前撮り時の着付けやヘアメイク、メイク代が内訳に含まれているかどうかを確認しましょう。

成人式当時のレンタル代

成人式当時の振袖レンタル、および小物レンタル代が含まれているかを確認してください。

成人式当日の着付け・ヘアメイク・メイク代

成人式当日の着付け・ヘアメイク・メイク代が含まれているかどうかを確認してください。あわせて、着付け会場の場所や集合時間、着付け会場への振袖の搬入方法・タイミングなどについても確認しておくと良いでしょう。

契約書は大切に保管しよう

成人式の振袖レンタルや振袖購入では、高額な費用がかかります。のちに思わぬトラブルへと発展しないよう、契約内容や利用規約を明確にし、契約書をきちんと保管しておくようにしてください。

万が一、契約をキャンセルしたときや、レンタル中に振袖を汚してしまったときにはどうすれば良いのか等、イレギュラーな事態も想定して利用規約にしっかりと目を通します。支払い方法や支払いのタイミングについても、かならず確認しておきましょう。

昨今、店頭ではなく通販システムで振袖レンタルができるお店も増えてきました。店頭での取引であればスタッフが契約内容を詳細に説明してくれますが、通販システムの場合には、利用者が自分で契約内容を確認するしかありません。通販を利用する方は、より念入りに契約内容をチェックしておく必要があります。

【まとめ】お金のことをクリアな状態にして気持ちよく成人式を迎えよう

レンタルであれ購入であれ、振袖は、一生に一度の大切な成人式に着用するもの。大切な瞬間だからこそ、支払いは気持ちよく済ませたいものです。

などなど、お金に関することはすべてクリアにしてから、すがすがしい気持ちで成人式を迎えるようにしましょう。

Category

関連記事

よく見られている振袖レンタルブランド

  • カテゴリー
  • B!ブックマーク Twitter Facebook LINE

    あなたの近くの振袖店を
    探してね!